慌ただしかった16日と23日と25日と27日

5月という時期にこれほど濃い内容にしてしまった私、看護部長の責任は重いです。

16日と23日は救命講習会開催 それも2日間で3回 つよむろと救命救急士2名 助っ人2名 で汗ふきふき頑張りました。

25日は第3回共生元気塾 「腰痛と骨粗しょう症」神成先生 寝ずに資料作成し講義 頭が下がります。感謝。

腰痛という大雑把なテーマでごめんなさい。

27日は看護部初の科別カンファレンス。

病棟4チームのうちの整形外科チームが主となり勉強会開催。テーマは「大腿骨近位部骨折について」。

プロジェクターまで使い、初にしては本当に上出来出来出来でした。

他の職種の方々も来て立ち見まで出る参加者にびっくり。みんなこのような勉強会を待っていたのだと。

神成先生からもコメントもらったり・・・・そうでしたこの勉強会は神成先生から「やったら」の一言で始まりましたのです。

作った看護師たちは苦しかったと思うけれど、きっとこれから役に立つ(^O^) 本当にお疲れ様でした。

ということで、本当に慌ただしい5月でした。あー辛すぎたら看護部長の責任です。ごめんなさい。みんなに感謝。

関連記事

  1. 看護師の卵たちの国家試験

  2. つよむろ日記

  3. つよむろ日記

  4. つよむろ日記

  5. 新人さん早3週間  先輩たちはいよいよ本気の研修スタート

  6. つよむろ  ブログに参戦

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP