院長(理事長)ごあいさつ

 

理事長 神成文裕

 2018年9月より院長に就任させて頂きました神成文裕です。
当院は平成13年に前身の山崎病院から経営権の譲渡を受け発足し、早17年が経過しました。
これまで地域に密着した病院として地域急性期医療の一翼を担ってきました。先人の諸先生方の思いを引き継ぎながら、当院は新しく生まれ変わっていきます。

 具体的には鴻巣地域の急性期医療を担う病院として近隣の病院・診療所・介護施設の方々と密に連携し、他地域の模範となるような地域包括ケアシステムの構築を目指します。また、病院のソフト面・ハード面も一新し2025年、2035年を見据えて、IoT技術やAIも取り入れた新たな病院づくりを進めていきます。

 変化の中でも変わらない病院理念として、「苦しみや悲しみを癒し、希望にお手伝いする、あなたと共に生きる病院」を合言葉として、職員とともに病院運営を行っていきます。まだまだ若輩者ではありますが、御指導・御鞭撻の程よろしくお願いします。

院長(理事長)略歴

 

  • 2008年3月

    埼玉医科大学医学部卒業

    卒業後、埼玉医科大学国際医療センターでの2年間の初期研修を経る。

  • 2010年

    埼玉医科大学病院整形外科学教室に入局

    埼玉医大病院整形外科や埼玉医大関連病院で2015年まで勤務する。

  • 2015年

    日本整形外科専門医を取得

    同年から埼玉医科大学国際医療センター救命救急科助教として勤務し、社会福祉法人長寿村副理事長にも就任。

  • 2018年4月

    こうのす共生病院へ

    こうのす共生病院整形外科部長に就任。

  • 2018年9月

    こうのす共生病院 院長に就任

    現在も埼玉医大国際医療センター救命救急科非常勤医師としても勤務し、埼玉医科大学病院整形外科学教室医局員としても在籍している。

 

基本理念

病院理念

「苦しみや悲しみを癒し、希望にお手伝いする、あなたと共に生きる病院」

行動指針

  • 私たちは、地域の医療機関・介護施設と緊密な連携をとり、他地域の模範となる地域包括ケアシステムを構築します。
  • 私たちは、地域密着型の急性期病院として地域に信頼される医療サービスを提供します。
  • 私たちは、患者さんと御家族の声に耳を傾け、思いに寄り添った医療・介護サービスを提供します。
  • 私たちは、全職員が患者さんを中心とするチームとして協力することで、安心してサービスを受けることができる環境を提供します。
  • 私たちは、目標とするサービスを提供し続けるために自己研鑽し、日々の業務改善と健全な運営に努めます。

看護部ブログ

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
アーカイブ
PAGE TOP